【PROJECTOR STAMP】光るハンコでまっすぐ押せる

便利アイテム

どうもこんばんわ

突然ですがハンコを押す機会って結構ありますよね。

シャチハタが普及していて宅急便の受け取り等にはサインよりもシャチハタをポンッと押す方も多いかと思います。

役所に行った時や契約書などに捺印する場合は朱肉を使用するタイプの認め印を使用することが多いと思います。

少々ずれていても書類としては問題ないのですが、どうせなら綺麗に押したいという心が働いてしまいますが、「そうはいかんぜよ」とばかりに向きを合わせたつもりで押しても傾いてしまっている・・・

どうしてもまっすぐにハンコを押したい!!という方に朗報です!!

先日ネットサーフィンをしていたらそんな願いをかなえることが出来るちょっとした便利アイテムを見つけました。

その名は

「PROJECTOR STAMP」

なんとこれ、押す前にハンコから光が照射され、事前に向きを確認しながら押すことが出来るんです。

ハンコ筐体の中に高輝度LEDを内蔵

今回見つけた「PROJECTOR STAMP」はその名の通りハンコの筐体の中にプロジェクターが内蔵されています。

プロジェクターと言っても会議やプレゼンで使用するあのプロジェクターではありません。

ハンコ筐体の内部から光を照射する「小さな光源」とでも言いましょうか。

その光源にはLEDが使用されています。

その小型の光源であるLEDとスケルトンなハンコ本体を組み合わせて構成されています。

 

事前に向きと場所と確認することが出来る

ハンコを押す際にまっすぐ押せず、ずれてしまうのはなぜなのか・・・?

原因は二つあると思います。

  1. ハンコを押す際に紙面の印が見えなくなる
  2. 実際にハンコを押す際は印字面が下向きになってしまい、ある程度勘で押さなければならない

いずれも印字面が下向きになってしまうために発生します。

押す直前まで確認することが出来れば一番ベストですが、押す直前まで覗き込んで押すなんてとてもナンセンスですよね。

「どんだけズレたくないんだよ」と思われてしまいますしかなりかっこ悪いです(笑)

しかしPROJECTOR STAMPではボディ内部に高輝度LEDが内蔵されているので、ハンコを押す前に紙面に印影が投影されます。

印影は思いのほかハッキリと投影されるので紙面に押す前に「文字の向き」「押す場所」を狙い打ちすることで真っすぐでキレイなハンコが押せるというわけです。

クールなデザイン

PROJECTOR STAMPはLEDを使用しているあるようでなかった画期的な商品で、「とりあえず作ってみた」というような商品ではなく、デザインもこだわって作られています。

印材自体はアクリル製で製作されており、ボディはシルバーの真鍮製で高級感溢れるボディに仕上がっており、この時点でそんじょそこらのハンコとは違うオーラを醸し出しています。

またボディの仕上げも「鏡面仕上げ」と「梨地仕上げ」の2タイプがあり、鏡面仕上げに至っては「これハンコか?」といい意味で思うぐらいクールなデザインになっています。

また、シルバーのボディに印字された「PROJECTOR STAMP」の文字もカッコよさの一因になっています。

また、クールなデザインに一役買っているのがLEDを投影させるためのスイッチです。

PROJECTOR STAMPをご覧いただくとわかると思いますが、スイッチのようなものが見当たらないことがわかると思います。

実はPROJECTOR STAMPに使用されているスイッチは「皮膚抵抗式スイッチ」と呼ばれるものが採用されており、ボディの黒帯の部分とボディ下部をつまむと電気的にスイッチが入り、内蔵されたLEDがONになり印影が投影されます。

あからさまなスイッチを搭載しないことでスリムでスマートなデザインを実現することが出来ているのです。

 

価格はハンコとしては高めだが長期的に見ると安い!?

PROJECTOR STAMPは天野製作所という会社から発売されております。

価格はサイズによって異なりますがハンコとしては正直高いかもしれません。

しかしハンコは一度買えばしばらく買い換えることがないでしょうし、長寿命で知られているLEDが搭載されていますので長い間使うことが出来、長期的に見ると高くはないと思います。

サイズラインナップ

発売されているサイズラインナップはスタンダードなサイズは揃っており、法人用の印鑑も用意されています。

  • 認め印銀行印サイズ(直径12mm・長さ61mm) \12,960(税込み)
  • 実印サイズ(直径19mm・長さ64mm)             \16,200(税込み)
  • 実印法人印(直径19mm・長さ64mm)               \27,000(税込み)

法人印や実印になってくるとかなり価格が上がってしまいますが、とりあえず認め印で良いという方は割と手が出せない価格ではないと思います。

 

最後に

今回はたまたまネットサーフィンで見つけたPROJECTOR STAMPを紹介しましたが、私はこれを見つけた時「ありそうでなかったなぁー」と本気で思いました。

私は会社の書類で認め印を押すことがよくあるのですが、ちょっとずれてしまったり向きが45度ぐらいズレたりと散々な場面がありましたがこれがあればズレとはおさらば出来そうです。

同じ悩みをお持ちの方は試しに購入して見てはどうでしょうか?