【レビュー】カラオケ用にマイマイクCUSTOM TRY「CM-2000」を購入したのでさくっとレビュー

レビュー記事

この記事は約434秒で読めます。

どうもこんばんわ

先日カラオケ用にマイマイクの購入をオススメする記事を書きました。

私が購入したマイマイクである「CUSTOM TRY CM-2000」が届いて実際に使用してみたのでレビュー記事を書いていきます。

初めに書いておきますが、このマイクを購入した一番の理由は価格です。

私が購入した時点でAmazonで約1500円で販売されておりました。

ということでさくっとレビューしていきます。

外観

スライド式の箱に商品が入ってきました。

初めてマイクを購入したので、これが業界のスタンダードなのかどうかはわかりませんが必要十分だと思います。

ぱかっとな(ぽちっとな風)

外観はいたって普通のマイクです。(少しボケててすいません)

 

 

CM-2000はマイクケーブルが標準で付属しています。よって別途マイクケーブルを購入しなくてもCM-2000を購入するだけですぐに歌うことが出来ます。

ですが私はこのケーブルは私用しませんでした。(理由は後述)

 

安いマイクによってはON/OFFのスイッチが付いていない物があり、別途スイッチを接続しなければ常時ONになってしまう機種もあるようですが、CM-2000はON/OFFスイッチがばっちり搭載されていました。

使ってみて

私はDAMを選択することが多いです。

DAMの現在のメインストリームであるLIVE DAMシリーズ、LIVE DAM STUDIUMシリーズは全て前面にマイク用のジャックが配置されているので、接続も簡単です。

ちなみにマイクの入力調整は前面パネルを開いた場所に配置されています。

ということでさっそく歌ってみた感想ですが、CM-2000は低音をよく拾う印象でしょうか。

あと、マイクの向きが外れると正しく音を拾ってくれないので、パフォーマンスをしながら?の歌唱は要注意ですね。私はしませんが。(指向性が高いっぽい)

あと付属のマイクケーブルですが、他の方のレビューを見ているとすぐに断線するらしく最初から私はあてにしていなかったので別途ケーブルを購入して使用しました。よって付属ケーブルについては無評価です。

 

コスパは最強

初めてのマイマイクにはオススメしているサイトが多かったCM-2000ですが、確かに初めて購入する分には全く問題ありません。

価格もCM-2000自体は1500円前後で購入することが出来ます。マイクケーブルを合わせても私は合計2500円前後で収めることが出来ました。

1500円のマイクと聞くと、おもちゃみたいなマイクを想像するかもしれませんが、しっかりと作られてはいます。

この価格になってしまっているのは発売されたのが10年以上前であるからだと思います。

当時の価格は見つけることが出来ませんでしたが、1500円ではないはず(笑)

まだ使い始めて1週間ぐらいしか経っておらず慣らし段階ですので、もう少し使い込んでみてどういう味付けになるか要チェックですね。

 

まとめ

今回私が購入したCUSTOM TRY CM-2000は初めて購入するには最適のマイクだと思います。

価格も手を出しやすいですし、今後ステップアップしていくにしても損はしないのではないでしょうか。

それよりもマイマイクを持っていることで少しうまくなった気になれますよ(笑)

一番気を付けてほしいのは、友人と行くカラオケでは持って行かないことですね。

バッグからマイマイクをそっと出したら「えっ何コイツ」感が半端ないですよ(笑)

以上さくっとですがCM-2000のレビューでした。