ホテルWi-Fiが遅い理由とは

2016/10/27雑記

どうもこんばんこんにちは

出張でホテルをよく利用しているK.Aです。

 

ホテルにはパソコンをよく持ち込みます。仕事のためじゃありません。もちろん遊びの為です。

っで重要となるのがインターネット接続

最近のホテルにはWi-Fiが整備されており、利用されている方も多いのではないでしょうか?

自分は基本的にはテザリング等でインターネットを使用するので使うことはありませんが、私が契約しているWiMAXは電波が入らないことが多々あるのでそういう時はしかたなく使います。

最近Wi-FiとかWiMAXとかテザリングとか回線のこと書いているのでその関連ということでホテルWi-Fiの文句でも書いていこうと思います。

最初からホテルWi-Fiに期待するな

使ったことがある方はたぶん経験があるでしょう。

 

部屋入る→Wi-Fi探す→接続する→とりあえずググってみる→遅くてイラつく→有料チャンネルの番組表を見る

そう、ホテルWi-Fiは個人的ではありますが100%遅いです。

下手したら速度制限(128kbps)より遅いときがあります。そしてぶつぶつ途切れます。

部屋数が少ないホテルなどはもしかしたらある程度安定しているかもしれませんね。

というのも今のWi-Fiで一般的である802.11b/g/nのアクセスポイントは基本的に同時に複数の端末とは通信ができません。

「家で複数台使ってますけど!!ぷんすこぷんすこ!!」って思ってる方。。。。。

実はそれ超短間隔でそれぞれの端末と順番に通信しているだけなんです。

業界ではラウンドロビンとか言われますね。

※今の最新規格である802.11ac Wave2ではMU-MIMOと言って複数のアンテナで同時に複数の端末と通信することができます。(アクセスポイントと端末側が対応している必要がありますのでまだまだ普及はしていません)

 

なぜホテルのWi-Fiは遅い?

ホテルが設置しているアクセスポイント(さすがに業務用の物を使用してるとは思いますが)が少なければ、そこに大人数の利用者が接続します。

となると先述の通り短いながらも接続されている端末と順番に通信しますので端末が多いほど一台当たりの通信時間は少なくなります。

これが激遅の正体です!!

そもそもホテルが契約している回線が貧弱等のその他要因もありますが、大体はこれでしょう。

ちなみに「自分の使うホテルは有線LANあるもんっ!!」って言っている方、例外なく有線も煽りを受けることが多いです。

そうなってくるとホテル側のバックボーンがしょぼ杉内俊哉の可能性があります。あきらめましょう。

 

どうしても遅いのが嫌な場合

どうしても通信が遅くて使い物にならない。

もうちょっと快適に通信したい!!

という方は契約している携帯会社の大容量プランを契約してスマホとテザリング利用が現実的かと思います。

しかし大容量プランはそれなりに金額が高いので、頻繁に出張があって大容量プランでも足りないという方は別途モバイルルーターを契約するほうが良いと思います。

大容量プランは容量が大きいだけで契約データ量に到達すると速度制限が掛かります。

しかし現在ではFUJI Wi-Fiのような速度制限がないモバイルルーターの会社もありますので、ランニングコスト等を総合的に考えるとモバイルルーターを契約する方が良いかと思います。