人間は30歳を超えると保守的になりやすいらしい

2017/10/1雑記

昨日こんな記事を書きました。

これに関連したようでしてないような話題なのですが、題名の通り

「人間は30歳を超えると保守的になりやすいらしい」

です。

なぜ保守的になるのか?

30歳を超えると精神的に落ち着いてくるようになります。

20代や10代のころのようなキャピキャピ感はなくなるということですね。

また20代や10代ではバカみたいな話をよくしていたこともあると思います。

それが精神的に成長することによって気づかないうちにしなくなってるんですよね。

また、30歳を超えてくると結婚する人や結婚している人が増えてきます。

やはり家族を持つと将来の事とか考えますよね?

お子さんがいる家庭ならなおさらです。

人によっては家を買ったりするのではないでしょうか?

そうなってくると金銭的に無理ができなくなるので、仕事を辞め辛くなります。

今までは「いつでも辞めよう」と思っていた人も「お金の為に働こう」となるわけです。

これらの理由から内面からも環境からも保守的になってしまうというわけです。

 

周りの30歳以上の人に聞いてみた

ということで周りの30以上の方に保守的になってないか聞いてみました。

質問は「自分が知らず知らずに保守的になってると思いますか?」

1人目

「なってるかもしれない。今務めている会社でずっと働こうと思っている」

 

2人目

「結婚して子供もいるから今仕事を辞めるわけにはいかない。稼がないと子供の教育費も払えなくなってしまうし。」

 

3人目

「なんか野心というか現状維持でいいやという気持ちになってしまった。」

「昔は転職とか起業も考えていたんだけどなー」

 

3名からこのような回答が返ってきました。

サンプリングが3人なので単純に参考にしかなりませんが、意識の変化は皆さん感じているようです。

それが外的要因によって形成されている場合もやはりありました。

 

個人的には保守的になってはいけないと思う

私はそう思うわけですよ。

 

これは人によって気持ちの持ちようが違うと思うので筆者の偏見と思って頂いて結構なのですが、保守的になると今務めている会社で従事している仕事も最低限のラインで終わらそうと思ってしまいませんか?

昇給して高給取りになってやろうなんて考えなくなってしまいませんか?

要は給料分の仕事さえしていればそれで良いという考えです。

もちろん給料分の仕事さえしていれば誰にも文句を言われる筋合いはなくなります。

給料分よりも完成度の低い仕事をしていれば問題ではありますが(笑)

ただ給料分の仕事をしていたら上長はちゃんと見ていますので昇給や昇格というものは望み薄になります。

会社が求めているのは給料分以上のパフォーマンスなわけですからね。

もし今務めている会社で定年まで働こうと思っていて、昇格欲求があるのであれば30歳を超えても意識的に保守的にならず、給料分以上のパフォーマンスで仕事をしたほうが良いと思います。

対応の早い企業であれば20代でも管理職に就くことは十分可能ですね。

もし給料分以上の仕事をしているにもかかわらず昇給や昇格しない、またはものすごく時間がかかる場合は思い切って自分で起業するなりしたほうがいいと思います。

軌道に乗るまでは大変かもしれません。ですが自分の力を最大限に発揮できます。

人生一度きりですから常にアグレッシブに生きたいものですね。

 

 

 

 

雑記

Posted by K.A