【スマホ・パソコン】目の疲れ(眼精疲労)を取る方法5選

ライフスタイル


どうもこんばんは
最近は画面を見ることが増えましたよね。
スマートフォンや携帯、パソコンの画面を長時間見ることが増えました。
仕事でパソコンを使用している方は、勤務時間のほとんどをパソコン画面に費やしているのではないでしょうか。
スマートフォンに至っては、通勤通学途中から日中の休憩時間、家に帰ってもベッドに横になりながら画面を見ていること多くないですか?

長時間パソコンやスマホの画面を見続けていると、どうしても目が疲れてしまいます。
目が疲れると普段見えるものがぼやけて見えたり、手元のピントが合いません。
なにより気分も悪くなってきますよね。

そこで今回は、スマホやパソコンで酷使した目の疲れ(=眼精疲労)を解消する方法5選をご紹介します。

マッサージ

一番よく聞く目の疲れ(=眼精疲労)解消法ですね。
目のマッサージをすることで、目の疲れ(=眼精疲労)を解消することが可能です。
目のマッサージは様々な方法があり、特に目の周りを重点的に行うことが有効です。
ドラッグストアの「ゆたか」が紹介しているマッサージ方法がわかりやすいので、参考にしてください。

ツボ押し

マッサージに近いですが、疲れ目に効くツボを押すことも解消法の有効な手段です。
一般的に有効なツボは「睛明(せいめい)」です。
具体的な場所は目頭の先端のくぼみ、鼻の付け根の両端です。
※下記画像の赤点の部分です。
–¼Žh‚¨‚à‚Ä-ƒAƒEƒgƒ‰ƒCƒ“

ツボ押し方法赤い点をつまむようにやさしく押すことで、目に直接働効いて、周辺のコリをとり、痛みを取ることが出来ます。
目を閉じて、眼球を押さえつけないよう注意しながら刺激してください。

ストレッチ

目のストレッチも目の疲れ(=眼精疲労)を解消するのに非常に有効です。
一番効果的と言われているのが、「キョロキョロストレッチ」です。
黒目を上下左右斜め45度にキョロキョロ動かすことで、目の周りの筋肉を柔らかくし、柔軟性を鍛えると視線の移動がスムーズになり疲れ目を改善することが出来ます。

ストレッチ方法

  1. 筋肉を伸ばすように、目玉を上→下→左→右の順に合計5回動かします。
  2. 1の後目玉を斜め右上→斜め左下→斜め左上→斜め右下の順に合計5回動かします。

疲れ目に効く目薬をさす

マッサージやツボ押しも良いですが、薬の力を頼るのも非常に有効です。特に今回のターゲットであるスマホやパソコンの画面による疲れには、以下の目薬が有効です。

サンテPC

目のピント調節機能を改善する「ビタミンB12」と角膜を保護する「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」等8つの成分が配合されて、ブルーライト等の刺激により披露した目の疲れを改善してくれます。
結膜充血、眼病予防にも効果的な点に注目です。

清涼感は中間で、通常であればそこまでですが、目をこすった後などは少ししみるかもしれません。

サンテ
¥609 (2019/12/14 12:06:55時点 Amazon調べ-詳細)

サンテメディカル12

価格コムの目薬売れ筋ランキングで上位を獲得しており、強い目の疲れ(=眼精疲労)に悩んでいる方にはこちらがおすすめです。
目の疲れ改善に効くビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を中心に4つの成分が、配合できる最大濃度で含まれています。
目の奥に疲れを感じたり、ピントが合わなくなっている場合はコチラを試してみてください。

清涼感は中間で、通常であればそこまでですが、目をこすった後などは少ししみるかもしれません。

Vロートプレミアム

価格コム目薬売れ筋ランキングで1位(2019-06-01)を獲得している人気目薬で、有名目薬メーカー「ロート」が発売している眼精疲労対策目薬です。

注目すべきは「国内最多の12有効成分配合」「ピント調節機能を改善する成分を基準内最大配合」
辛い疲れ目にガツンと効かせたい方にピッタリの目薬になっています。

サンテメディカル12やサンテPCよりも清涼感が強めです。目の疲れ改善と共にスッキリしたい場合はコチラを買えば間違いないでしょう。

ロート目薬
¥1,130 (2019/12/14 12:06:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

サプリメントを飲む

眼精疲労対策のサプリメントを飲む方法もあります。
サプリメントを飲む際に注目したい点、それは成分です。
目の疲れ(=眼精疲労)解消やピント調節力改善を助ける成分は以下があります。

  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ビタミンB群

【アントシアニン】は疲労の解消を助ける

特に「アントシアニン」は目の疲れ(=眼精疲労)を解消を助けることで有名ですので、困ったら「アントシアニン」が多く含まれたサプリメントを飲めばOKです。
私がおすすめする「アントシアニン」が多く含まれたサプリメントは、八幡物産の【北の国から届いたブルーベリー】です。
【北の国から届いたブルーベリー】には、1粒にブルーベリー1800個分のアントシアニンが含まれています。
また、サプリメントの老舗メーカーということ、CMも放映しているという自信と安心感もあります。

実は飲んでます私も目の疲れを感じることが多く、これを飲んでいます。
3週間ぐらい飲んだころから、ふとした時に「あまり疲れてないな」と感じ、ブルーベリーの力を感じております。
困ったらとりあえずこれを選んでおけば間違いない
でしょう。
八幡物産【北の国から届いたブルーベリー】
  • 1粒にブルーベリー1800個分のエキス
  • 累計1000万袋突破
  • 全額返金保証付き
オススメ

 

【ルテイン】は目を疲れにくくする

ルテインは、近年注目されている成分で、目を外部の光刺激から守るとされています。
よって、日中画面を長時間見ることで溜まる目の疲れ(=眼精疲労)による「ぼやけ」を緩和し、夕方でもハッキリと見る力をサポートしてくれます。
しかし、ルテインは人間の体内では作られない為、サプリメント等で外部から摂取するしかありません。
そこで私がおすすめする【ルテイン配合】サプリメントは、FANCL(ファンケル)が発売する【えんきん】です。

注目成分「ルテイン」を10mg配合しており「見る力」を助けてくれます。
さらに【えんきん】では、目を使うことで発生する「首・肩の凝り」の負担も改善する事が確認されています。
年齢を重ねることによる手元のピント調節機能の低下、スマホなどの見過ぎで目がぼやける方はぜひ試してみてください。
2週間分お試しのところ、もれなくもう1袋付いてきて合計4週間分が1000円で試せます!!

目の機能性表示食品「えんきん」
  • ルテイン10mg配合
  • 首・肩の凝りでお困りの方
  • 手元のピントがぼやける方
オススメ

 

目は大事に

視力もそうですが目は基本的に悪くなってしまうと、回復させることは非常に難しくなります。
近年ではレーシック手術により視力を回復することが出来ますが、一般的ではありません。
その割には、日中仕事やプライベートでスマホやパソコンの画面を見ることが増え、目に疲れを感じることが多くなっています。

目が疲れてピントが合わなくなると、知らず知らずに力が入ったり、目つきが悪くなってしまいます。
なにより手元のピントが合わなくなり、文字が見えづらくなってしまう為、目は大事にしたいところです。
都度都度休憩を入れたりマッサージをすることもお勧めですが、サプリメントなどで体の中から目の調子を整えていくことが非常に効果的です。