Klarus XT11Sを購入したのでレビュー

レビュー記事


どうもこんにちこんばんわ
最近は17時ぐらいでもだいぶ暗くなってきましたね
外で仕事をすることもある自分ですが、日の入りが速くなると全然周りが見えなくなってしまい、作業ができなくなります

あまり街灯などがないところで仕事をすることが多いのでホントに月の光だけでやって。。。できません(笑)
なので車のヘッドライトをハイビームにしたりしてたのですが、さすがに辛くなってきましたのでLEDライトを購入しました。

買ったのはKlarus(クラルス)というメーカーのXT11Sを購入しました。

 

明るさはMAX1100ルーメン

LEDライトの売り文句で使われる明るさの単位「ルーメン」
このXT11Sはその値はなんと1100ルーメン!!
量販店とかでよく見る「GENTOS」は最大でも(現時点発売中)TX-850Reの850ルーメン
250も明るいんですねー

さらに5つの点灯モードがあり
1100ルーメン / 400ルーメン / 100ルーメン / 10ルーメン / 1100ルーメン点滅 / 100ルーメン-SOS発光があります。

それぞれ点灯時間は
2h / 4h / 18h / 260h / 4h / 54h
全然実用的に使用できる点灯時間ですね

しかもmicroUSBで充電することもできるので、ふとした電池切れでも大丈夫です。
ていうかこのライト電池残量をボタンの点灯色で教えてくれるので、事前に充電しておくんですけどね

このライトはタクティカルフラッシュライトといわれるカテゴリーなんですが、要はサバゲーとか軍事用?の使用を想定して作られたものみたいなので、デザインもちょっとそれっぽくてかっこいいです
さらに照射距離もかなり長く330メーターまで照らすことができます
(仕事でそんな遠くまで照らすことないんですけど)

 

電池は日本では馴染みのない18650型

もちろんライトですから電池が必要なのですが、その電池が日本ではあまり馴染みのない「18650」という電池が使用されています。

イメージとしては単三電池を少し長くして一回り太くしたような電池です。
実はこれモバイルバッテリーなどで中に入っていることも多く、cheeroのPowerplus3にもこの電池が使用されているとかされていないとか・・・

何気に高いんですよね~これ
ちなみに写真に写っているKEEPPOWERというところの3500mAHの電池がAmazonで1790円

電池一本にしては高いですよね
まぁ何回も使用することができるので使っていくうちに元は取れると思いますけどね

 

気になる価格は?

気になる価格はAmazonで3400mAH電池が一本付いて8,699円
自分が買ったときはブラックフライデーのセール中で20%OFFの6959でした。
3400mAHの電池が1700円ぐらいしますので実質私は5200円ぐらいで購入できたことになります。
元の価格からでも実質7000円ですかね

ちょっと高いと思うかもしれませんが先述したGENTOSのTX-850ReがAmazon(現時点)で7863円ですのでほぼ同価格ぐらいでしょうか。
お安い!とはなりませんでしたがコスパは高めじゃないでしょうか

実際夜に照らしてみましたがかなり明るいです。(すいません画像はありません)
ぶっちゃけ400ルーメンでもかなり明るいです。
これで夜の作業も捗りそうです!!

メーカーページ→Klarus – XT11S
P.S:このXT11Sを詳しくレビューされている方もいらっしゃるので興味があればそちらを参考にしてみてください

2017.9.1追記:

今現在はXT11GTというモデルが出ています。
2000lmでXT11Sのほぼ倍で配光はXT11Sよりも少しワイド気味のようです。
ライトのデザインと操作性はXT11Sと同じですので、より明るいライトがほしい方はどうですか?

[PR]健康系ブログ始めました!!

健康系ブログを始めました。
まだまだ始めたばかりですが、見に来てね!!

[PR]壁にくっつく?画期的スマホケースが話題

磁石も両面テープも使わない!?
平らな面であればどこでもくっつくスマホケースがあるって知ってました?
これを使えば簡単に自撮りが出来て、より映えた写真が撮れるかも!?
詳しくはコチラ→自撮りユーザー必見!どこでもくっつくスマホケースとは?